MENU

Study abroad record 留学の記録

  • 大江 美佐里

    2009年の9月から2011年の12月まで、スイスのチューリヒ大学病院に留学していました。スイスはハイジ・チーズ・チョコレート・マッターホルンが有名ですが、そのイメージ通りの「山小屋・草原・牛」がみられ、大変自然豊かな環境で研究活動に励むことができました。私は趣味でホルンを吹きますので、スイスで普通のホルンだけではなくアルプホルンも習い、休日には教会でのミサや地域での演奏会に出演して演奏していました。アルプホルンは3メートル弱にもなる、とても長い楽器なので持ち運びが大変です。しかし、現代科学の粋を集めて開発されたカーボンファイバー製のアルプホルンがあり、たったの1kgで伸縮自在ですので、それを購入して日本にも持って帰りました。本業の研究の方も帰国までに雑誌に1つ論文を載せることができ、非常に大きな成果を得ることができました。まさに公私共に充実した日々を過ごした留学でした。

  • 佐藤 守

    私は2015年11月から2年間、ドイツのTübingen(テュービンゲン)大学病院精神科ニューロイメージング部に研究留学していました。留学前より久留米大学高次脳疾患研究所という、主に脳生理学を研究分野とした研究室に所属しており、そこで脳生理学の基礎を学び渡独しました。テュービンゲン大学はfMRI、fNIRS、EEGなどの研究で世界的に影響の大きな論文を数多く出しており、そのような先進的な研究室で学ぶことができたことは貴重な経験となりました。
    私はそこでfNIRSを用いて認知課題を施行した際の脳機能を、日本人とドイツ人で相違があるかを検討していました。精神科領域のみならず、神経認知の評価を必要とする現場では、様々な神経心理学的検査や認知課題が用いられていますが、その指標を「人種差なく用いることができるのか」という点も、検査の標準化のためには非常に重要なことなのです。
    研究所では各グループが週に2度集まり研究の進捗状況やプレゼンテーションを行い、お互いの研究内容を検討し合うという時間がありました。そこで研究の課題が見えたり、次に繋がるアイディアが生まれていきます。私の専門は統合失調症ですが、ADHD児を対象としたNeurofeedback研究などは非常に興味深い内容でした。カンファレンスはドイツ語で行われるため当初は全く内容が理解できなかったのですが、毎回同僚がその内容を英語に翻訳してくれたりし、優しく接してくれました。おかげで最終的には完全ではないものの、ある程度カンファレンスの内容を理解できるようになりました。

    留学先のテュービンゲンおよび大学についても簡単に紹介したいと思います。テュービンゲンはドイツ南西部のバーデン・ヴュルテンベルク州(州都はシュトゥットガルト)に属する人口8万人超の小さな町です。その人口の3割が学生をはじめ教職員など学校関係者で成るため、通称「大学町」と呼ばれています。町の中心には南ドイツを横断するネッカー川が走っており、煉瓦色の屋根にパステルカラーの家々が並び、1511年製の天文時計が象徴的です。もちろん古きドイツのイメージを裏切らず、教会や城(一部は校舎として使用されている)も存在し、釣鐘が日に数度時間を知らせてくれます。また、高名な作家として知られるヘルマン・ヘッセもこの地に住み、彼が働いていた本屋はヘッセ記念館として形を変え、今なお多くの観光客で賑わっています。テュービンゲン大学は1477年に神学校として設立され、もともとの造形を残しつつ部分的に改築しながら総合大学(神学、法学、医学、経済、哲学など)として現在の形に至っています。そして、この歴史ある大学は多くの著名人とも縁があります。先述したヘッセに加え、「ケプラーの法則」で知られる天文学者ヨハネス・ケプラー、詩人ヘルダーリンなどがその代表格です。また、「身体原因論」や「単一精神病論」などを提唱したウィルヘルム・グリージンガーや「アルツハイマー病」で知られるアロイス・アルツハイマーもここで学び、その後世界で名を知られることとなりました。このような町で生活できることは、それだけで私をうっとりとする恍惚の境地に浸らせるには十分なものでした。 今回、直接テュービンゲン大学のFallgatter(ファルガッター)教授にお願いして留学させていただくこととなりましたが、それを実現できたのは医局の協力と柔軟な対応があってのものだと感じ、大変感謝しています。

    「自分の可能性を広げること」

    留学に行ってから物事の考え方も変わり、一回り大きく成長したように思えます。これからの自分の人生が楽しみです。最後になりますが、この留学記をご覧になってくれた皆さま、久留米大学精神科で一緒に働きませんか?そして、「自分の可能性」を信じて世界に飛び立ちましょう。

  • 松尾 菜津美

    私は2020~2021年度に国内留学として岩手医科大学付属病院で研修し、主に児童精神科で臨床経験を積んできました。岩手医科大学児童精神科は、2011年の東日本大震災後、子どものこころのケアとその支援者の支援を担う拠点として2013 年に設立された「いわてこどもケアセンター」が前身となっています。その後2019年の岩手医科大学附属病院移転に伴って、児童精神科専用病床である「子どものこころ病棟」が新設されました。治療の対象の年代は主に小学生、中学生で、疾患は発達障害(知的障害、自閉症スペクトラム、注意欠陥多動性障害、学習障害)、気分障害、統合失調症、不安症、トラウマ関連障害、愛着障害、摂食障害、素行障害など多岐にわたります。私はこの2年間で様々なケースを経験し、子どもとの関係づくりから、保護者への介入や学校・地域の支援機関との連携、心理的治療、薬物療法まで、児童精神科の基本的な診療を学びました。子どもの診療の中で最も実感したのは、子どもの発達の段階や個々の特性を適切に把握し、対応することの大切さです。かんしゃくや多動、衝動性等からなかなか落ち着いて過ごせない子どもも、周囲の特性への理解がすすみ適切な環境が整うことで、自宅や学校での適応が大きく改善していく例が少なくありませんでした。また入院治療では「発達」、「愛着」、「トラウマ」この三つの問題が複雑に絡んだケースが多かったため、個々の症状の成り立ちを様々な視点で検討し、対応することが必要でした。児童に限らずどの年代でも治療に難渋するケースでは三つの問題のうち、一つまたは複数の問題を抱えていることが多いため、このような視点をふまえた治療経験は今後の私の精神科診療において生きてくると思います。
    外来や病棟での一般的な児童精神科診療に加え、児童精神科診療科部長である八木先生の指導下にトラウマフォーカスド認知行動療法(TFCBT)を実践する機会がもてました。TFCBTは心理教育、リラクゼーション、感情の同定・表出、認知の修正、トラウマナラティブ、実生活内のリマインダーの統制、親子合同セッションなどを含む構造化治療で、欧米のいくつかの治療ガイドラインで子どものトラウマ治療の第一選択として推奨されているプログラムです。この治療を学んだことで、トラウマ症例の見立てやトラウマ治療に必要な要素、トラウマから回復していく過程を理解することができました。またTFCBTに関連したテーマでの学会発表も経験させて頂いたことは、多忙な日常診療の中では後回しになりがちな「客観的なデータをもとに考察を加え、根拠に基づいた医療を考える」トレーニングになりました。
    この2年間、精神科医としても人としても未熟な私を、温かく受け入れ指導してくださった先生方とスタッフの皆様には心から感謝しています。子どもの成長を間近で経験できる児童精神科のやりがいや楽しみを数多く経験でき、この領域への興味がより深まった2年間でした。国内留学期間を過ごした岩手は自然豊かな場所で、岩手山や森の風景、一面の雪景色にしんみりと心癒されました。また食も充実しており、「盛岡三大麺」で有名なじゃじゃ麺や冷麺、新鮮な魚介や美味しい焼肉を堪能してきました。残念ながらこの2年間はコロナ禍で行けなかった場所も多いため、今後もチャンスをみて是非、遊びに行きたいと思っています。