教室紹介
  • 教授あいさつ
  • 医局紹介
  • スタッフ紹介
  • 業績
  • 海外留学
  • 施設紹介
  • 外来
  • 睡眠医療外来
  • もの忘れ外来
  • 病棟
  • デイケアセンター
  • カウンセリングセンター
  • 心理検査
  • 久留米大学医療センター
  • 精神科・物忘れ外来
  • 久留米大学高次脳疾患研究所
  • レクレーション
  • 前期研修プログラム
  • 後期研修プログラム
  • メッセージ
  • スタッフ紹介

施設紹介

もの忘れ外来

最近忘れっぽくなったなあと感じることは、加齢とともに誰もが感じることです。『もの忘れ外来』はそのもの忘れが、正常加齢によるものか、認知症等の病気によるものかを診断し、治療を行っていきます。当院では、平成15年4月より、久留米大学高次脳疾患研究所と神経精神医学講座が協力して診療に当たっています。診療は毎週木曜日の午後に予約制で行っています。
『もの忘れ外来』では初診時に、問診や簡易知能検査を行い、適宜脳画像、脳機能検査(例えばMRIやSPECTなど)や血液検査、神経心理学的検査などを行い、また必要に応じて神経内科、循環器内科、内分泌代謝内科、脳外科、放射線科など様々な身体疾患に応じて紹介を行い診断していきます。そして診断結果に応じた治療や対応をします。久留米大学もの忘れ外来では、臨床治験も行っており、新しい治療法にも積極的に取り組んでいます。
平成23年11月15日より久留米大学病院は、福岡県認知症医療センターの認定を受けており、その業務として、(1)専門医療相談、(2)鑑別診断とそれに基づく初期対応、(3)合併症、周辺症状への対応、(4)地域の医療・介護関係者など様々な方々への研修会等の開催、(5)認知症地域医療連携協議会、事例検討会の開催、(6)情報発信を行います。

森田 喜一郎
  • 睡眠研究
  • 精神生理
  • 心理社会的治療
  • 生化学
  • てんかん